女の子を口説くには押しの重要性を意識しておく必要がある!

女の子を口説くには押しの重要性があります。
しかし、相手にその気がないのに強い押しでやっても迷惑になってしまいます。

 

かといって、女の子の気分が自分に向くのを待っているのは時間の無駄です。
そこは心理テクニックの1つであるフットインザドアを活用し、気になる女の子の心をゲットしましょう。

 

フットインザドアとは?

フットインザドアは有名な心理テクニックです。
営業マンがドアに足を入れて、『話だけでも聞いて欲しい!という無理やりな要求をする姿から生まれました。

 

重要なのは、ここで話だけでも聞いて欲しい、
という営業マンの要求がそれだけで終わるはずがありません。

 

営業マンにとって重要なのは、
お客に話を聞いてもらうのではなく、会社の商品を契約してもらうことです。
話を聞いてもらうのは最初のステップでしかありません。

 

フットインザドアは小さな要求を聞いてもらい、その後に本当のお願いを出す心理テクニックを指します。

 

具体的なフットインザドア

それではフットインザドアをどのように恋愛に活かせばいいのでしょうか?

 

これは見知らぬ女の子を口説くのに使えます。
知らない女の子を口説くにあたり、いきなり連絡先を交換しても断られるでしょう

 

そこでまずは相手が頷くような話題を振り、相手の了承を得ましょう。

 

『飲んでいるカクテルは美味しいか?』
『会社の帰りなのか?』、『よく一人で来るのか?』

 

お酒

 

質問はなんでもいいです。
重要なのは、相手に『いいで』でなく『はい』で会話を成立させることです。

 

仕草や服装、時間帯から相手に『はい』と言われる質問を考えてみましょう。

 

フットインザドアの注意点

最初に『はい』と相手に言われてしまえば、相手は次の要望に断りにくくなります。
しかし、だからと言ってあまりに重い要求は断られてしまいます。

 

例えば、物を取ってもらうお願いをした後に、
デートの誘いをしてもフットインザドアはなかなか成立しません。

 

恋人同士なら上手くいくかもしれませんが、
前後のお願いがあまりに違いがあると効果が生まれないからです。