今、恋人がいるのはなぜその人を選んだのか?それにもきちんとした理由がある!

今、恋人がいるのはなぜその人を選んだのでしょうか?
もしくは、過去に好きな人がいた人はどうしてその人を選んだのでしょうか?

 

お金持ちやイケメンなど明確な理由がある人もいますが、
ほとんどは『コレ!』という理由がないのではないでしょうか?

 

「好きになるのには理由がない」

 

恋愛の定番ともいえるセリフですが、
その裏には心理法則の1つであるミラーリングが働いているのかもしれません。

 

ミラーリングとは?

ミラーリングとは自分と同じ行動を取っている人を無意識に見て、
好意を寄せてしまう心理法則です。

 

ミラーは鏡という意味ですから、
心理学を知らない人もなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

恋人以外にも家族や友人など気が許せる人は自分と共通の仕草や話題が多いもの。

 

人は自分と似ている行動や考え方を持っている人を好きになるように出来ています。
ミラーリングはそれをワザと行って、恋愛やビジネスで好意を持たせる心理テクニックです。

 

ミラーリングの注意点

人は同じ仕草や考え方を持っている人に好意を持ちますが、
クローン人間のようにまったく同じことを目指せとは言いません。

 

重要なのはあくまで自然に合わせることです。

 

ミラーリングで注意してほしいのは、相手に真似されていると思われないことです。
相手にミラーリングを使っていると意識されるのは非常に気まずい思いをさせてしまいます。

 

マジックの種がバレている状態でマジックショーを続けるようなものです。

 

重要なのは、あくまで相手にバレないように、
相手の仕草や行動・考え方を鏡に写すように真似することです。

 

ミラーリングを使った恋愛テクニック

それでは、どうやって相手にバレずにミラーリングを使えばいいのでしょうか?
答えは簡単です。

 

相手の行動にさりげなく合わせればいいのです。

 

ミラーリング

 

相手が飲み物を飲んだら、自分も飲み物を口に運ぶ。
顔に手をあてて鼻をかいたら、自分は目やまゆげに手をあててみる。

 

こうしたちょっとした相手の行動にあわせるだけで十分ミラーリングの効果が得られます。